お知らせ

2016-04-17 10:00:00

塾長からお知らせ(3/22)

321日午後・・・大学受験を終えた先輩がやってきた! その1                                                                                                                                              あやかさん(写真右)は、南流山中学を卒業後、県立柏高校普通科に進学し、昨年10月のAO入試で、第一志望の帝京大学医療技術学部臨床検査学科に合格しました。 高26月、塾長が加盟する千葉学習塾協同組合(以下JAC)主催の大学進学相談会にお母さんと共に参加。当時は薬学系大学への進学を検討していましたが、その後、臨床検査にかかわる仕事が自分にとって最適の進路と確信し、通学可能な志望大学すべてのオープンキャンパスに参加してしっかり情報を収集したそうです。そして、第一志望の帝京大学の入試に臨み、180人を超える志願者中合格者たった13人の中の一人となり、3年前の卒塾生の中で最初の進路決定者となりました。

 

ゆきのさん(写真左)も南流山中を卒業後、江戸川学園取手高校に進学。東大コースに在籍しながら現役合格を目指し準備を進め、37日、第一志望の筑波大学人文・文化学群人文学類に合格しました。高校進学後も何度か来塾し、高校の話や、大学進学に向けての情報交換をしてきました。志望校選びや日々の受験勉強など、合格までの道は平坦ではなく、発表までは浪人を覚悟していたと不安でいっぱいだったようです。発表当日お母さんから合格に知らせをいただいた時には、思わず・・・ホッとする気持ちと共に、これまでの様々な記憶が蘇りました。

 

3受験生の合格同様、心からお祝い申し上げます。

 

追伸

昨年6月、来塾した雪乃さんの話を聞き、江戸取を第一志望に決めた中3生が、今春雪乃さんの母校に進学します・・・

また、二人が塾の後輩、そして受験生の皆さんにメッセージを残してくれました。                            次回ご紹介します。

1